CADを使えば修正や変更が楽に出来るようになります

電子部品のシンボル登録と読み出しが可能

CADが登場するまでは、電気回路図などの図面はすべて手書きで行われていました。電気回路図は電機の流れを記した図面で、結線の途中には電子部品のシンボルが記載してあります。シンボルも1つずつ手書きで行われていたわけですが、CADが登場した事で図面を作成する工数が大幅に削減されています。シンボルは予め作成して登録を行っておけば、その都度呼び出して画面上に表示が出来ますし、回転が自在に出来るので縦方向にシンボルを置く事も出れば横向きにする事も簡単に出来るようになります。また、シンボルには属性を登録する事が可能で、部品のリファレンス番号や部品番号、定数や耐圧、部品名などの情報を保存しておけば、回路図1枚に使われている部品リストを書き出す事も出来ます。

書ききれなくなっても安心です

回路図をCADで作図をしている場合、紙面の有効範囲が狭くなるケースがあります。手書きの場合にはある程度消して書き直しをする、無理やり押し込むなどの方法で対処するケースが多いのですが、CADの場合は移動が容易に行えるメリットを持ちます。範囲を指定して少しずつずらしながらスペースを確保が出来るので、書き直しが不要です。手書きの場合は、線を引く時には三角定規とスケールを使うか、ドラフターと呼ぶ製図道具を使って水平を保つ必要がありますが、CADの場合は、始点を決めた後に、画面をスクロールしながら終点の場所に移動して線を引くので、常に平行に線を引く事が出来る機能を持っています。また、画面上で図面を書く事が出来るので省スペースでも作業が出来るメリットもあります。

電気CADは元々人の手で作られていた設計作業を支援し効率を高めてくれるソフトです。手書きより綺麗で正確な図面を短時間で作る事が出来ます。