男性の下半身のコンプレックス!包茎は治療すべき?

包茎がコンプレックスになっているなら!

男性の下半身にある大事な部分が剥けていない状態は、包茎といわれています。割礼という包皮を切除する習慣のない日本人では、包茎状態は珍しくはありません。しかし、人によってはコンプレックスに感じてしまうことは事実なので、包茎の解消も考えましょう。

真性とカントンは一度診てもらおう

包茎の種類はいくつかあって、その中でも真性とカントンと呼ばれるものは重症と考えられています。もしも、それらの状態に当てはまっていて、排尿や性的機能に問題があるというのなら、一度ドクターのもとに訪れて下半身を診察してもらいましょう。ドクターが治療すべきだと判断した場合は、保険を使って安く真性やカントンを解消することが可能です。なお、保険を利用した治療の場合は見た目を重視してくれませんので、自費治療で綺麗な仕上がりが望めるメンズクリニックの利用もよいでしょう。

仮性なら自分の気持ち次第

排尿や性的機能に問題がない仮性といわれるタイプの包茎では、身体面での治療は必要ないといわれています。しかし、コンプレックスという精神面での問題があるので、悩んでいるのなら手術を受けてスッキリしましょう。なお、仮性の場合は保険治療は受けられないため、基本的には美容系のメンズクリニックに訪れることになります。クリニックによって、いろいろな手術方法がありますので、もっとも綺麗な仕上がりで包茎を解消できるところを選ぶことが大切です。包茎の程度によっては切らない施術も望めますので、手術が怖いならクリニックに相談してみましょう。

包皮の内側を綺麗に洗うことができない状態の真性包茎の場合、衛生面に関する問題が出やすいので治療を考えておくことがおすすめです。