意外と知らない性交痛の原因と対策とは!?

性交痛の原因を知りましょう

性交痛の原因の一つ目は、精神的な苦痛やトラウマがあるということです。多くの場合、初めての性交を行った際、痛みが凄くて嫌な思いをしてしまった記憶が残っており、いざ性交となると当時の痛みや恐怖心がフラッシュバックしてしまい、結果として分泌されるはずの体液が分泌されず、再び痛みを感じてしまうということがあります。性交の最中、膣の入口付近が痛むのか、それとも奥の方が痛むのかという点でも違ってきます。膣の入口付近が痛むのであれば、膣炎や外陰炎の可能性が、奥の方が痛むのであれば、子宮内膜症の可能性があります。こういった症状が出た場合、医師に相談するほうが賢明です。症状が悪化しないうちに医師の診断を受けるようにしましょう。

性交痛へのちょっとした対策

性交痛を和らげるちょっとした対策として、股関節のストレッチや会陰部ストレッチなどがあります。性器を柔らかくするようなイメージで行うといいでしょう。性交を行う前の前戯に時間をかけるのも大切です。パートナーとじっくり愛撫しあいながら、体液の分泌を促していきましょう。短すぎる前戯だと痛みを伴ってしまうので注意が必要です。前戯をしても濡れ具合がよくない場合には、潤滑液(ローション)を使う方法もあるので試してみましょう。性行為に及ぶ前にリラックスできる環境を整えることも大切です。パートナーとの会話を楽しんだり、お酒を飲んだりするなどして良い雰囲気を作っておくといいでしょう。勿論、性交痛の事をパートナーに話すのも効果的です。「性交痛の事を理解してもらえている」という安心感が生まれます。

性交痛とは、性交渉の際に伴う痛みのことです。性器の状態による身体的な問題や性交渉に対する恐怖などの心理的な問題が原因となります。

Continue reading “Make me happy”