金属加工に腐食が必要!?エッチングとは?

金属加工に必要な酸洗い処理

熱処理をした金属の表面には、酸化被膜やサビが付着します。この被膜やサビを硫酸や塩酸で取り除く作業があります。これを「酸洗い」といいます。この処理を行うことで、次の作業で行うメッキの密着や研磨作業がうまくいきます。しかし一言で酸洗いといっても、大きく分けると3つの方法に分類できます。1つは酸洗い。2つ目は酸浸漬。この方法は金属表面にできた酸化被膜を除去し、金属表面を活性化させるものです。そして3つ目は、エッチングという方法です。

銅版画の技法でもあるエッチング

工芸の経験のある方は、エッチングという言葉にピンときたかもしれませんね。この方法は銅版画による技法として発展してきた歴史があり、腐食性のある銅などの金属加工に使用されてきました。金属にエッチング加工を行うことで、金属表面に作った模様などを立体的にみせることもできるようですね。現在では半導体製造でも使われている方法です。

様々な分野で利用されている腐食

エッチングは別名腐食処理と呼ばれ、専用の液を使用して金属を腐食させます。酸洗いはサビ落としに対して、エッチングを不要な部分を腐食させて加工することを目的としています。この技術は、私たちの身の回りのものにも使われています。たとえば美術の分野ではガラスの装飾技法として利用され、携帯電話のプリント基板などの精密機器を製造する過程でも使われています。歯科でもこの技術が用いられています。腐食というとネガティブなイメージがありますが、こうしてみると様々な分野において必要な技術であるということがわかりますね。

金属を熱処理や溶接、ロウ付けすると、焼けや、スケール、酸化皮膜、さびなどが発生します。これらの不純物を除去するために硫酸や塩酸などの溶液に漬けることを酸洗いと言います

Continue reading “Make me happy”