サイトM&Aを考える場合はメリット・デメリットどちらも知るべき!

サイトM&Aの売る側と買う側のメリット

サイトを売る側の事情としては、サイト運営の資金繰りが厳しくなった場合、さらに大きなサイト運営をするために既存のサイトに手が回らなくなった場合、個人が副業的に運営していたサイトを何らかの事情で手放すことにした場合などが考えられます。自分や会社が立ち上げて運営してきたサイトは、資産です。それを手放してしまうことは、それまでやってきたことが無駄になってしまいます。完全に手放すのではなく、譲渡することによってお金を得ることができ、育ててきたサイトが完全に閉鎖されることもなくなります。

サイトを一から立ち上げて、それなりのサイトにするためにはかなりの労力と時間がかかります。サイトを買う側のメリットは、すでにある程度の枠組みができていて、一定の顧客もついているサイトを簡単に手に入れることができる点でしょう。

サイトM&Aの売る側と買う側のデメリット

サイトを売る側のデメリットとして、一度売却してしまうとそのサイトで得ていた収入は一切入ってこなくなることがあげられます。ウェブサイトは資産になります。売却すると一時的に収入を得ることはできますが、資産として継続的な収入がなくなることは理解しておかなければいけません。

サイトを買う側のデメリットは、せっかく購入したサイトの運営が必ずしも購入後もうまくいくとは限らないことです。ウェブサイトの運営はその時の社会状況に左右される部分が非常にあります。そのため、購入した時は旬のサイトもすぐに人気がなくなる可能性は常にあります。そのため、買う側はサイトを買った後も運営努力をしなければいけないでしょう。

サイト売買とは既存のWEBサイトを売買することです。企業買収のM&Aに形態が似ておりサイトM&Aと呼ばれます。