合宿免許はどんなメリットやデメリットがあるか

どんな人が合宿に向いているのか

日本の運転免許制度は、各都道府県にある免許センターで筆記試験を受けるのが必須ですが、筆記試験の前に教習所で学科と実技の教習を受けておく必要があります。教習所は、自分が住んでいる地域に立地するタイプか、遠方にある合宿免許タイプに分かれていて、合宿は入校可能な人数が前もって決まっているので、毎日教習に取り組めます。時間に余裕のあるフリーターとまとまった長期休みがある学生向けであり、最短で14日や15日で卒業する事が可能です。

運転技能に自信がない方でも安心して学べます

合宿免許は、最後の卒業検定まで安心して教習に取り組む事が出来るシステムを導入していて、次の技能教習に進めない方向けの補償サービスを使えます。年齢によって補償の上限は異なるものの、25歳や30歳までなら追加料金なしで何度も技能教習にチャレンジ出来ます。そして、卒業検定と仮免検定は緊張感が通常教習より増しますが、これらの検定に失敗しても無料で再受検可能です。

デメリットはどんな点か

合宿免許のデメリットも多少存在していて、長期休みシーズンの利用は高確率で30万円以上の料金になるので注意が必要です。時間がある場合は、春や秋といった繁忙期以外に使っておくのが良く、20万円から25万円の範囲で通う事が出来ます。合宿は、新幹線や特急を使って行く遠方の教習所が一般的であり、2週間程度にわたって知らない土地で過ごすので、このような生活が初めてだとホームシックになる可能性もあります。多くの合宿でカップルプランやグループプランが準備されている事から、一人で過ごすのが寂しい場合は友人を合宿に誘ってみるのが良いでしょう。

合宿免許を取得する事で、限られた時間を有効に活用できます。比較的安価な費用で合宿に参加できる場合もあります。